A-company

何事も前向きに。人生はアップデート。

プレゼント=現在(いま)への感謝

私は誰かに贈り物を送ることが好きだ。

 

もちろん頑張った自分へのご褒美も格別ではあるが、何よりも誕生日、記念日、日頃の感謝をつたえたいときに渡す誰かへの贈り物により一層の幸福感を感じる。

 

今までは誰かが喜んでくれることに満足感を覚えるのだと思っていたが、どうやら違うことに最近気づいたのである。

 

それは贈り物=presentの語源を紐解くところから見えてきた。

 

presentは和訳するともちろん「贈り物」という意味ではあるが、と同時に「現在」という意味も同時に含んでいる。

 

一見まったく意味の通じない2つの言葉であるが、かつてフランクリン・ルーズベルト夫人のエレノア・ルーズベルトはこう言った。

 

「昨日は過去のこと。明日は未知のもの。今日は贈り物。だから「現在」のことを「プレゼント」と呼ぶのです」

 

この格言を知った時にワタシはハッとした。

 

そうか、私は大切な人が今この瞬間を一緒に生きてくれているというある種の奇跡に対して、その人に感謝を伝えたい、その欲求を満たしたいがためにプレゼントを贈るのだ、と。

 

それまでの「感謝をしてもらうことに喜びを感じる」という動機は、どこか偽善っぽくきれいごと感が否めなかったが、しっかり自分の中では自分本意な欲求を満たすためにおこなっていることに気づき、少しばかり安心した。

 

さて、今月は妻の誕生日だが、私は今を共に暮らしてくれることの感謝を伝えるために、高級ブランド物を買うだろう。